ピルによる避妊の仕組み

ピルを服用すればその効果として、避妊や月経周期が一定になる、出血量が減少するなどの効果が期待できます。
そして避妊の効果は98%と言われています。
ではなぜ、服用することでなぜ避妊に繋がるのでしょうか。

ピルには排卵や生理を調整する卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つのホルモンが含まれています。
そして妊娠した時にも同じホルモンがある状態です。
そこで黄体ホルモンが入っているピルを服用することで脳は「ホルモンが分泌している」と勘違いします。
妊娠していると錯覚を起こしている脳は排卵の指令を出さなくなり、排卵が止まることで避妊が出来るようになるのです。
他にも服用することで子宮内膜が十分な厚さにならないことで受精卵が着床もしにくくなります。
また黄体ホルモンの影響で子宮頸管液に粘り気をもたらす変化を及ぼすことで精子の侵入を妨げる働きもあります。
1種類の作用だけでなく、複数の作用を期待することで避妊への効果を高めることが出来るのです。
服用の際に気を付けなければならないのは、服用している間だけ排卵が止まるので、止めれば排卵は再開し妊娠する可能性が出ることを忘れないことです。
そしてピルの避妊効果を得るためには、飲み忘れをしないことが最も重要です。
1日1錠決められた順番に同じ時間に飲むことになります。
もし3錠目と4錠目を飲み忘れたからと言って、それらを飛ばし5錠目を飲む、という方法は絶対にやめて下さい。
避妊の効果が得られなくなり妊娠する可能性も出てきます。
何を飲み忘れたかで対処法は変わってくるので、自己判断によって飲む・飲まないを決めることは止めましょう。
その間、避妊の効果はなくなるので、避妊が目的なら他の方法で避妊する必要が生じるので気を付けましょう。

ピルは避妊だけでなく、子宮内膜症や生理痛、月経前症候群等、女性特有の症状にも処方されることもあります。
服用することで生理痛の軽減や子宮内膜の進行を食い止めたり進行を遅らせる効果も期待できるからです。

購入するには婦人科系の病院で処方してもらいます。
最近では通販で購入することも出来ますが、他に服用している薬がないか、自分は服用することが出来る体なのかなど、きちんと医師と相談・確認して購入する方が安全です。
また副作用が出た場合もすぐに診てもらうえるという安心感もあります。
保険適用外なので1か月に約3000円程度と少し高くなり、他に検査が必要な場合はさらに費用がかかります。
それでも安全な物を購入するためには、安心できる場所が良いと考えられます。

●ピルの通販
ピルで生理周期を安定させよう
●ピルの中で人気の薬
人気の高いトリキュラーを通販で購入